現在のキャンペーン

はじめてのお客様へ

サロンのご紹介

よくあるご質問

お客様の声

無料カウンセリング

メールマガジン

癒し・キレイ通信

 

1.少食の習慣を

現代人は、食べ過ぎです。特に肥満は免疫力低下につながり、生活習慣病が増加している原因はここにあります。消化をするだけでも、たくさんのエネルギーを使います。

また、今は食物に化学物質も多く含まれているので、食べ過ぎるとそれだけ多く化学物質を体内に摂取してしまうことにも。1日1食で体に「飢餓状態」の時間を作ると、長寿遺伝子「サーチュイン遺伝子」を活性化させ、体の細胞を蘇らせると言われています。
・1日1食を習慣にしている有名人…ビートたけし、タモリ、水谷豊etc.

まずは、一日二食から始めてみましょう。

 

2.運動=老化を防ぐ

筋肉を衰えさせてはダメです! 適度に体を動かすことにより新陳代謝も高まり、汗も出やすくなります。

そうすると体の中の全ての物質代謝も高まって、身体全体が若々しくなります。

逆に、使わずにいると筋肉は「廃用性萎縮」をしていき、体の老化スピードを早めることになってしまいます。

 

3.「笑い」で健康に

「笑い」は、実はとても大きな健康の役割を担っています。笑うことが多いだけで免疫力がグーンとアップするのです。
ある大学の実験で100人をとある「笑顔になれる場」に連れて行き、その場所に行く前と行った後の血液を検査しました。すると、その場所に行った後の血液では免疫細胞が30%以上活性化し、免疫の数値が大幅に上がっていたことが分かりました。
(さて、100人をどこに連れて行ったのでしょうか…? 答えはスタッフに...)

 

4.化学物質を摂らない!

私たちが食品等を通して口にする化学物質には、添加物、残留農薬、防腐剤などがあります。また、典型的な化学物質である薬クスリの安易な摂取がさまざまな「体の不調」につながり、昔はなかったアレルギーなど、色々な病気が増えましたが、実はこれらを引き起こすへ原因が化学物質です。摂取をゼロにすることは難しいですが、健康のためにまずは「食品添加物の少ない食べ物を選ぶ」「クスリの常用をやめる」ことからはじめたいものですね。

 

5.若さのカギは腸年齢

年齢より若々しく見える人、まわりにいませんか? いつもイキイキ元気はつらつ、お肌もハリがあってツヤツヤ。
その秘密は、実は腸にあるのです。腸は体を健康に維持するための多彩な役割を担っています。栄養や水分の消化吸収、老廃物や毒素の排出、血液の浄化、化学物質の解毒、などなど。その中でも特に、腸は免疫力を高めて感染症を防いだり、体の恒常性を維持するために不可欠なビタミン・酵素・ホルモンを作る機能を持っており、「腸年齢」が若く健康であるとこれらの働きが高まって生命エネルギーも向上。その結果、お肌のうるおいやハリがアップしたり、体に元気が湧いてきて若返っていくのです。

 

疲れやすい、お肌のトラブルが多い...。そんな人は、腸が「老化」しているのかもしれません。腸はその役割から偏った食事やストレス、抗生物質などの薬品摂取などの影響を大きく受けるため、負担が大きくかかると汚れ、老化していきます。汚れた腸は働きが弱まるため、体全体の機能も弱まってしまうことに。腸を老化させないことが健康の最大のポイントなのです!